FC2ブログ
スポンサーサイト --年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


再開 2015年06月04日
上京してからまったく更新していないこのブログも活動の再開とともに活用していこうと思います。

よろしくお願いします。

スポンサーサイト
頭蓋骨かいてミタ! 2013年05月23日
ティラノ 正面



タルボ 



ティラノサウルス 頭蓋骨 ペン2


Twitter上にあげたペン画シリーズです。

ペン画のためしに描いてみた作品ですが、好評だったのでこちらのブログにもアップします。

全部ティラノに見えるかもしれませんが真ん中は別の恐竜です。恐竜好きの方ならわかってもらえると思います。

今後ペン画もたくさん制作していきます!!

時代で変わる恐竜の姿 2013年04月18日
オールドティラノ切り1

ティラノサウルス b3 burogu


今回描いたイラストは下の現代版ティラノサウルスです。上のイラストは前回描いた旧式ティラノサウルスで見て頂くと現在と昔で姿が大きく変わっていることがわかってもらえると思います。体勢は尻尾を引きずり体を垂直に起こしたゴジラのような体勢から、頭から尻尾まで平行にバランスをとった体勢に変わっているのはもちろん、最近では羽毛が生えている復元も増えてきています。

このように恐竜の姿は恐竜研究の進歩によって大きく変わっていきます。なので今のティラノサウルスが数年後も同じ姿をしていることはまずないでしょう。もっといえば今日の大発見があれば一日にして新たなティラノサウルスが生まれます。

最新はもう最新じゃないとはよく言ったもので、イラストを描いている途中に新たな発見があればその作品は過去のものになってしまうのです。そこが恐竜復元の難しさであり面白いところでもあります。

とはいっても私はまだプロでもなんでもないただの学生なので上の二つのイラストは恐竜復元と言えるものではなく、あくまで自分なりの新旧ティラノサウルスです。本当の最新を見たいのであれば研究者の監修が入った本物の復元図をみて頂けたらと思います。また研究者、復元家の解釈によっても恐竜の姿が変わっくるのでそこも楽しめます。

つくづく思うのは恐竜復元は一人ではできないということです。私もできる範囲に情報を集めてかいてはいますが一人では限界がありなかなか上手くいきません。今後いい恐竜仲間と出会っていきたいものです。



アロサウルス2 2013年03月28日
アロサウルス

昔描いたアロサウルス
アロサウルス切り 青




今年の干支(恐竜干支)がアロサウルスだそうなので新年度も近いので描いてみました。

アロサウルスの体色ってブルー、グレー系のイメージが強いようなきがしませんか?なぜだろうと考えたらティラノサウルスとの色分けではないか思いました。ティラノサウルスはレッド、ブラウン系のイメージがありますよね。例えるならマリオとルイージみたいなものです。

永遠のスーパースター、マリオ=ティラノ

永遠の二番手     ルイージ=アロ みたいな。

マリオとルイージも赤と緑(初期は白)で色分けしています。最初は色だけであまり特徴がなかった二人も今ではとても個性的になっています。ティラノとアロも同じように最初はあまり情報がなく色分けをしていたのではないでしょうか。そのほうが恐竜の知識がない方々にも分かりやすいですしね。もちろん今では両恐竜ともとても個性的特徴があり色分けする必要もないのですが、イメージとしていまでも残っているのではないのでしょうか。

永遠の二番手といってしまいましたがどちらかといえば私はアロサウルス派です。ティラノサウルスに比べて少しスマートで俊敏そうなフォルムがとてもかっこいいですよね。


前述でブルー、グレー系といっておきながら今回はグリーンベースのアロサウルスに仕上げました。ルイージカラーですね。結局のところ恐竜の皮膚の色はいまだわかりえないものなので想像するしかありません。恐竜復元で作者の個性を感じやすい部分ではないでしょうか。

今回のアロサウルス
アロサウルス 緑 

旧式ティラノ 2013年02月28日
ティラノサウルス(旧)

オールドティラノ切り1

今回描いた恐竜はティラノサウルスです。とは言っても現在の図鑑などでこのような姿のティラノサウルスを見ることはできません。

この尾を地面に引きずり、頭があがった姿勢のティラノサウルスは今のよく見る姿になる前に考えられていた古いタイプのティラノサウルスです。現在ではこのタイプのティラノサウルスをゴジラ型やカンガルー型と言ったりします。

このタイプが主流だった時代は恐竜がまだ愚鈍で不活発なイメージが強く、尻尾を引きずりながらのそのそと歩く姿で描かれていました。今でこそ恐竜、特にティラノサウルスは鳥類に近い存在とされていますが、この時代ではでっかいトカゲとしかほとんど考えられていませんでした。

今回のイラストでもトカゲの印象を強くするため鱗がびっしり入った皮膚に冷血動物なのであまり温かみのない色合いで仕上げてみました。しわもだるだるにしていかにも愚鈍そうな感じにしてみました。

オールドティラノ切り顔



次▶

アサダのきょうりゅう
日々描いているイラストや展示などの情報を紹介していきます。

浅田基之

Author:浅田基之
恐竜、怪獣、生物のイラストを主に制作しているイラストレーター。

Tel 090-2681-8756
mail lolo1990am@yahoo.co.jp
twitter @amam003

この人とブロともになる

QR

FC2Ad


Designed by Mitsubamushi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。